されど「目玉焼き」(^^)

目玉焼きが嫌いな人・・はあまりいないと思います。フライパンに卵を割って焼くだけなので、忙しい時にもってこいの一品かと。

でも、どうせ食べるのなら「美味しく」食べたい!っと言う事で、どれだけ精度が上げられるか?ぐぐってみました。(^^;(ヒマ人~)

卵ソムリエなる人の「目玉焼き」の作り方

まず、ザルの下にボウルを重ねたものを用意します。

ここに卵を割って入れる。ザルを使って、白身のサラサラした部分を取り除くのが目的。こうすることで、白身の水っぽい部分がザルから落ち、濃厚な部分だけが残ります。(^^)

フライパンを熱してオリーブオイルかバターを入れる。その後、ここに塩を振りかけておく・・先に塩を振ることによって、目玉焼きの味が均一になるそうです。

ザルからゆっくりとフライパンへ卵を移す・・その際、低い位置からソッと入れる。

フタをして弱火で白身が固まるまで放置・・

・・・ちょっと火力が強かったもよう・・・(--;黄味がかなり固まってしまいました。・・・でも・・半熟が嫌いな方はこれでもいいかも。(^^;

半熟が苦手な家族に押し付ける・・・ソーセージもしっかり焦がしたりました。(--;

も1個!トライ・・・これはまあまあ上手くできたもよう。食べてみると、少し味が濃い目になったよ~な。(^^)

半熟で黄味が美味しい~!

炊きたてのご飯に乗せて、鰹節をかけて、醤油を少し垂らせばちょっと手をかけたネコママゴハンの完成です!

後片付けの際、ボウルとザルを余分に洗わねばなりませんが、それさえ面倒でなければオススメの焼き方で~す。(*^^*)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA