東西の境目(^^)

外国人に「関東と関西の境ってどこ?」と尋ねられ、どこだったろう?(^^;とググりました。

「関西」という言葉は奈良時代から使われていて越前の愛発の関、美濃の不和の関、伊勢の鈴鹿の関の3つの関所を結んだせんより西を「関西」と呼んでいた。「関東」という言葉が使われるようになるのは室町時代以降で、その場言の関は箱根の関所のこと。

 

↑こんな感じ。(^^)

言葉って・・何気なく使ってるんですよね~。(^^;

F-429-S

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA