F-245-BT new!

ダルメシアン(黒手)に新型が加わります。

↓開閉は帯付きマグネットです。

手ヒモの調節が出来て便利なのです!

表と裏に丸型のポケットが付いています。

入荷するのが、楽しみ!乞うご期待です!

 

新シリーズ F-423シリーズ

 

新シリーズ・F-423型。全3型で2色展開です。

その中で、私の一番のお気に入りをご紹介します!

↓F-423-M

このポッテリ感が大好きです!

切り込みが深いので、口開きは抜群!

↓調子にのって、荷物を入れてみる。

電話帳(A4)、ペットボトル2ℓが2本、入ってしまいました!

素材はポリエステル90%、アクリル10%のイタリア製ジャガード織り、主に服地に使われている素材だそうです。 (ハンドルは牛革)

軽量で収納力もありますので、かなり機能的です。また、持っているだけで、楽しくなってくる事、受け合いの品ですので、普段にどんどん使う方!お奨めで~~す!

 

六本木歌舞伎 座頭市

海老さまと寺島しのぶさんが主演の「座頭市」。友人が観に行って、面白い画像を送ってくれました。

こんなとこから、こんな顔が出たらびっくりしますよね?!今回のお芝居はサービス満点で、役者さんたちが客席まで来て、愛想を振りまいてくれたそうです。この画像は、背中を向けていた全身・緑色の甲羅男に「顔が分かんないわ!」と友人が声をかけると、わざわざ隙間から顔を見せてくれた「ミドリ亀」役の方。

調子に乗って!踊っちゃう!こんな歌舞伎なら、目いっぱい楽しめそうです。(本格的な歌舞伎は、難しくてよく分かりませんので)

↓歌舞伎だから、皆、男性。↓ さすがのメイクです。

↑この方はまだ10代だそうで。いや、お肌が綺麗な筈ですね。

友人が持っていたのが↓このバッグ。

T.A design  F-420-L

劇場の中は冷房がキツイので、大型ショールを持って行ったそうですが、しっかり収納できたと喜んでいました。(パンフも楽々だそうです。)

少し大きめですが、とても品の良い品なので、色々な場所で使えちゃいます。着物で持ってもステキでした。

 

ロングランです・2 F-234-M

お奨めは↑このF-234-M

1番の理由は↓「マチ無し」だからです。

こちらの型は、広げると↓こう、ペタンコになります。

一見、荷物が入らなさそうですが、口を開くと↓結構広い!ポケットも沢山付いてます。

↓大型女性雑誌を入れてみると、楽々4冊入ります。まだまだ入りますが、重いので、こんな所で止めておきます。

↓マグネットを閉めると↓こう。

 

持ち上げて、肩に掛けると↓このように。綺麗な三角を形成して、体にフィット!一本手なので、肩からずり落ちにくい、またヒモの幅が広いので、肩の負担が少ないのです。

↓本が4冊入った状態ですが、こんなに華奢に見えます。肘で押さえ込みますので、安定感も抜群です。

置くと、↓このようにマチが形成されます。生地がたっぷり使用されているのです。

重い書類や荷物を持ち歩いて、肩に掛けている方にお奨めです。入れた荷物の形によって膨らみが形成されるので、必要以上に厚みが出ないし、中の荷物の納まりが良いのです。

ぜひぜひ!実物を触って、荷物を入れて、体感してください!

 

 

ロングランです・1 

T.A design F-234-L

通常「ロングラン」というと、長く続いているシリーズを意味しますが、このバッグの場合、お客様の使用期間を表現しました。

暫くお休みしてましたが、今季リバイバルされたこの型は、かれこれ10年ぐらい前に作られたもの。それ以来、ずっと使い続けている方がとても多いのです、本当に。「これだけは捨てられないの」と、どんなに色が褪せてきても、使い続けられるので、今回、生産が再開されて、店側もホっとしている次第なんです。でも、新しいのを買われても、予備として置いて(今回、このシリーズの生産をお休みしていた事に怯えた方が)古い方を使い続ける方も多い・・・やっぱり使い込んだモノは馴染んで心地良いのでしょうね。

※こちらのバッグは今回から、附属の革が「ポニー」(子馬)から「牛革」に変わりました。内装もブラインド・ポケットが付きました。ポケット同士をくっつけると、中身が見えにくくなります。

金具片はマグネットボタンだけ。 曲線と3色カラーで表現されたT.A designの代表的な型なのです。こんなに完成度の高い大型バッグはなかなか無いので、見つけられたら、手に取られて、じっくり見ることをお奨めします。

また、店舗のスタッフに断って、ぜひ荷物を入れてみてください。重い荷物も肩に掛けると、それはそれは楽なのです。底面は広いですが、荷物の形に応じて馴染んでくれますので、体にもしっかりフィットします。(馴染み易くする為、底板は付いていません)

こちらのシリーズはもう一型(お奨めポイント満載な型が)ありますので、明日に続きます。

 

SHERLOCK(シャーロック)

先日、NHKで放送された「シャーロック・4」。現代版のシャーロックをベネディクト カンバーバッチが演じています。彼は私が観た映画ではイミテーション・ゲームでアランチューリングを、スタートレックではカーン、ドクターストレンジでも主役を演じている人気俳優です。

ミステリーは大好きです。特に、このシャーロックはスマホを駆使して活躍しますので、原作とは全く異なるストーリーの運びがたまらない。イギリスのBBCが制作してますが、次回作はいつできるのか? 首を長くして待っております。

最近、まったく本を読まなくなってしまいましたが、これを機に本の世界のミステリーにハマってみようかと。でも、何を読んだものか?最近の流行は全くわかりませんので、やはり安心して読める古典の名作を読み返すことに。

最初に読む本は、やっぱりこれかな~!大好きです、クリスティ!この時代にこれだけの話が書けるって天才以外の何者でないでしょう!その中の一番のお気に入りがこの「アクロイド殺し」。最近は「アクロイド殺人事件」という表題に変わりましたが、昔は「アクロイド殺し」でした。ダイレクト過ぎて、良くないと判断されたのでしょうかね?

フェアかアンフェアかで論争になった作品です。私は「フェア」だと思うんですけどね~、機会がありましたら、ぜひジャッジして下さい。

そういえばカンバーバッチさん、こんな所にも登場してました。
「殺人は容易だ」

文庫本を入れて持つなら、↓このバッグ!肩にも掛かってコンパクトなので、重いものを入れる時には、ついつい手が伸びるのです。

T.A design F-286-S

 

 

 

ランチタイム名曲コンサート(宗次ホール)

本日は友人と宗次ホールで定期開催しているランチタイムコンサートに行ってまいりました。

コンサートなんて久しぶり!やっぱり生の声は違います。透き通った声のアンサンブルで、本当に素晴らしかったです。

宗次ホールでは、このコンサートを千円で観られるので、お客さんでいっぱいでした。今回、私たちは、コンサートと近隣の飲食店のランチも付いたセットものをチョイス。東急ホテルの南国酒家(中華)のコース料理がついて、なんと2500円です。

良い音楽を聴いて、ホテルで食事をして、この値段はかなりお得かと。日常から離れて、本当に優雅な時間を過ごしました。

一緒に行った友人が↓このバッグを持ってました。 しっかり入ってキチンと感もあり、肩にも掛かるので、コンサートや観劇に重宝しているそうです。

T.A design F-245-SS

↓コンサートには、こちらの型もお奨めで~す。

T.A design F-245-P

ぶひたろう・登場

はじめまして。わたくし、幸運のブタ「ぶひたろう」ともうします。

このバッグはわたしのおうちです。はだざわりが良くて、とっても気持ちが良いのです。

ねむる前はTAロードを歩きます。運動しないと太ってしまいますので。

えっほ、えっほ・・・疲れました。

ぜえぜえっ

もちょっと!

ごぉ~~る!

おうち~

よいしょ

おやすみなさい~

T.A design  F-160-M (アイボリー)

極上の使い心地!

 

 

 

 

アシンメトリー?

ちょい持ちに重宝なのがアシンメトリー(左右非対称)なこのバッグです。この状態ですと、どこが?と分かりにくいのですが

カブセを上げて口をひらくと↑分かりますか?う~~ん、非対称というより「片方の切り込みが深い」と説明する方が正解のような。

↓こっちの方が「切り込み」が分かりやすいですね。

↑この状態で留めのマグネットをくっつけると↓このように。

↓そのまま持ち上げると、こんな感じに。個人的にはこれでも十分可愛いと思います。

グイっと折り曲げると↓こう。これなら「アシンメトリー」と呼べましょう!

↑荷物が少なければ「深めのカブセ」でこのように。

↓荷物が多くなればカブセが浅くなりますので、このように。(最初の画像に戻りました)

TAデザインらしい遊び心がいっぱいの作品です。コートを着ても肩に掛けやすいので、かなり重宝しています。1本手は肩からずり落ちにくいし、手提げでも持てて、良いですよ~。私は黄色を使ってますが、赤色もお奨めです。(買う時、かなり迷いました)

この作品には、革で作られたTAデザイン・オリジナルの「チャーム」が付いています。取り外しできるので、他のバッグにも使えます。このチャームは単独で販売されている、完成度の高い品なので、このバッグは「お得感」もいっぱいなのです!

 

ブログ始めます。

初めまして!サイト担当のスタッフKと申します。
仕事はセレクトショップの販売員をしております。
T.A designのバッグは大好きなので、こちらの会社がホームページを作られるというお話を伺って、ブログ担当に立候補させていただきました。

これからT.A designの作品の魅力を、私の視点からお伝えしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

私・愛用のバッグが
こちら↑通称「ダルメシアン」。このバッグとの出会いはかれこれ10年以上前。雑誌を入れて出かける時には欠かせないアイテムで、今もしっかり現役です。

ヒモを留めるパーツは牛革です。金属が使われていないので、ビジュアルがとても優しくなっています。

↑私の場合、書類は立てて入れてます。マグネットは閉まりませんが、肩に掛けた時、腕で押さえ込むので、バッグの中身は安全です。

↓横にも入りますがピッタリだから、ちょっと取り出しにくくなるかもしれません。

↓荷物を沢山入れると、このダーツがぷっくり膨らんでとても可愛いのです。

好きなバッグは褒めどころが満載です!

でも百聞は一見にかないませんので、このバッグに興味をもたれましたら、

お近くのT.A design取り扱い店舗、
或いは直営店のαone(アルファワン)で
ぜひ実物をご覧下さい。

どうしても無理な方は、8月21日より通販サイトがオープンしますので、
こちらもご利用下さいませ。(宣伝!)