F-286-M1

横向きにA4書類が入ります。また、1本手は肩に掛けやすいのです。

↑手提げで持ってもこの通り!(*^^*)

カラーは全5色!

お見逃しなく~(^^)

 

ロングランです・2 F-234-M

お奨めは↑このF-234-M

1番の理由は↓「マチ無し」だからです。

こちらの型は、広げると↓こう、ペタンコになります。

一見、荷物が入らなさそうですが、口を開くと↓結構広い!ポケットも沢山付いてます。

↓大型女性雑誌を入れてみると、楽々4冊入ります。まだまだ入りますが、重いので、こんな所で止めておきます。

↓マグネットを閉めると↓こう。

 

持ち上げて、肩に掛けると↓このように。綺麗な三角を形成して、体にフィット!一本手なので、肩からずり落ちにくい、またヒモの幅が広いので、肩の負担が少ないのです。

↓本が4冊入った状態ですが、こんなに華奢に見えます。肘で押さえ込みますので、安定感も抜群です。

置くと、↓このようにマチが形成されます。生地がたっぷり使用されているのです。

重い書類や荷物を持ち歩いて、肩に掛けている方にお奨めです。入れた荷物の形によって膨らみが形成されるので、必要以上に厚みが出ないし、中の荷物の納まりが良いのです。

ぜひぜひ!実物を触って、荷物を入れて、体感してください!

 

 

ロングランです・1 

T.A design F-234-L

通常「ロングラン」というと、長く続いているシリーズを意味しますが、このバッグの場合、お客様の使用期間を表現しました。

暫くお休みしてましたが、今季リバイバルされたこの型は、かれこれ10年ぐらい前に作られたもの。それ以来、ずっと使い続けている方がとても多いのです、本当に。「これだけは捨てられないの」と、どんなに色が褪せてきても、使い続けられるので、今回、生産が再開されて、店側もホっとしている次第なんです。でも、新しいのを買われても、予備として置いて(今回、このシリーズの生産をお休みしていた事に怯えた方が)古い方を使い続ける方も多い・・・やっぱり使い込んだモノは馴染んで心地良いのでしょうね。

※こちらのバッグは今回から、附属の革が「ポニー」(子馬)から「牛革」に変わりました。内装もブラインド・ポケットが付きました。ポケット同士をくっつけると、中身が見えにくくなります。

金具片はマグネットボタンだけ。 曲線と3色カラーで表現されたT.A designの代表的な型なのです。こんなに完成度の高い大型バッグはなかなか無いので、見つけられたら、手に取られて、じっくり見ることをお奨めします。

また、店舗のスタッフに断って、ぜひ荷物を入れてみてください。重い荷物も肩に掛けると、それはそれは楽なのです。底面は広いですが、荷物の形に応じて馴染んでくれますので、体にもしっかりフィットします。(馴染み易くする為、底板は付いていません)

こちらのシリーズはもう一型(お奨めポイント満載な型が)ありますので、明日に続きます。