梅雨対策・2(^^)

毎日、雨が降りますね~~。(--;

傘を持ち歩くのは憂鬱です・・・・いや、持つのは良いのですが・・・電車に乗ると、3回に2回は置いてきてしまう・・・・濡れているので、腕に掛けておくわけにもいかず・・取手に引っ掛けておくと忘れるんですね~。・・電車を降りて、改札口を出た頃に「あっ」と忘れて来た事に気が付いて、仕方がないのでキオスクで500円のビニール傘を買う事になる・・・・(--)(故に私は、高価な傘を使ってはならない)(--)

早く梅雨明けして欲しいものです。(--;(・・・まだ、梅雨入りしてませんでしたね。(^^;)

 

↓梅雨にオススメの斜め掛け(^^)

両手が空くので、傘が持ち易いのです。(^^) 本体の素材は合成皮革なので、雨が掛かっても安心です。(*^^*)

F-375-SH2

↓詳細はオンラインサイトで(^^)

F-375-SH2 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデンウィーク最終日(^^)

長いようで、あっという間の連休でしたね。(^^;

明日からは、いつもの日常が始まります・・今日中に体を慣らさなければ・・明日から社会復帰できるか心配です。(^^; (今日は21時に寝よお(--;)

5月6日という事で、近所の肉屋さんが「ころっけ」(5(こ)6(ろ)っけ)(^^;(苦しい)の日といって、56円でコロッケを売りだすと宣伝してました。昼ゴハンはそれにしようと、張り紙を見ていたら、「限定500個・お一人様5個まで」と。 通常1個160円の松坂牛のコロッケが56円・・・100人ぐらいはあっという間かも・・・開店時間(10:00)には必ず着かねばなりません。

そこのコロッケ屋さんは、今もこの↓包装紙で包んでくれます。懐かしいと思える方・・・「昭和」生まれ・・ですよね?(^^;

油が染みでるので、透明のビニール袋も付けてくれますが、手提げではないので、エコバッグ持参は当たり前。 小さな店舗ですが、エコに徹したイマドキのお店なのかも。(^^)

そういえば・・昔は↓こんな買い物カゴが、どのご家庭にもありましたよね?

このカゴ、今なら使えますね。スーパーでは「マイカゴ」に直接詰めてもらえるようになりましたので。(^^)(懐かしい~)

 

↓でも・・・街中で食品を買う時は、こちらがオススメ。(*^^*)

F-375-L

布地のエコバッグより、しっかりしているので、重たいビンモノを入れてもビクともしません。(^^)本体は合皮なので、濡れても安心! ちょっと気取った「お出かけ」時にもとても便利なのです。(*^^*)

 

 

F-375-SH 再入荷しました。(^^)

F-375-SH(グリーン・レッド)

大きめのショルダーをお探しの方には、こちらがオススメです。(^^)
この作品は、しっかり荷物が入るので、実用性もバグツンなのです。

フィット感も素晴らしい~
コートの上からでも綺麗に掛けられます。

お見逃し無く~!(^^)

F-375-L 補足

底面の強度についてご質問をいただきましたので説明させていただきます。

底面に鋲は付いておりませんが、底板が付いているので、2重の厚みという事になります。 A4サイズの雑誌を5冊入れてみましたが、型は崩れませんでした。

あくまでファッションバッグですので、何キロまで耐えられるか?というご質問にはお答えできません。

ご購入は、実物をご覧頂いて、ご判断いただく事をオススメ致します。

 

 

「見た目より荷物が入る」ショルダーバッグ

お客様から「たくさん荷物が入って、あんまり大きく見えないショルダーはない?」と尋ねられると、まずご紹介するのが、このF-375-SH。(*^^*)

↑横から見ても、とてもスマートなのですが、荷物を入れてみると
↓こんなに入るのです。

マチが無さそうに見えますが、文庫本が底に置けてしまいます。A4書類(ハローページ)まで入っちゃう!

↑この荷物を入れて↓かけるとこんな感じ!スッキリ・キレイな外観です。(*^^*)

型が崩れにくいので、お仕事で使われている方にも好評です。(スーツでもOK!)

常に店頭にある・・とは言えませんが(^^;(少数生産ですので)お店で出会われましたら、ぜひ鏡の前で、お試しになって下さい。

快適なリュックの背負い方・2

F-375-RY ↓ショルダーヒモの付け方が、以前は金具で止められていましたが、改良後はこのように埋め込んでいます。ヒモは柔らかい牛革を袋縫いにしているので、クッション性が抜群!肩に負担がかかりにいくのです!また、柔らかい革ヒモは、滑らないので、通常は肩から落ちにくいんですが・・・それでも落ちそうになる方は、↓これをお試し下さい。

↓このように交差してつけます。

※長さ調節のところで、一旦ヒモを外して,左右のヒモを交差して付けます。

↓こちらが普通の付け方。

↓こちらがクロスしたもの。このように締まります。

冒頭でもご説明しましたが、このリュックはクロスしなくても十分落ちにくい作りになっていますので、まずは普通にお試し下さい。