雨の日は!

今日も雨。(--)

自転車が使えず、傘をさして駅まで歩きましたが、靴もバッグもずぶ濡れです。

でも大丈夫!今日はカモフラ・リュック(F369-RY)を背負ってきたので~(*^^*)

やっぱり雨の日は両手を空けねば! 傘をさしても濡れる事はさけられませんが、ナイロンは乾けば問題ありませんので、気楽なのです~(*^^*)

F-369-RY

スッキリ!(*^^*)

T.A design F-426-RY

沢山入ってスッキリ見えるリュック・・と言えばこれでしょう!

ワンピースに合わせても可愛いです。(*^^*)

↑2ℓペットボトルが2本。 荷物もしっかりはいりますよ~(*^^*)

快適なリュックの背負い方・1

よくお尋ねいただく事なのですが、リュックを背負って歩いていると、振動で「肩からずり落ちてしまう」ということ。

理由はいろいろ。 ショルダーひもの付け方が一番の問題ですが、それが良くても肩幅の狭い方、なで肩の方などは、落ちてしまう事があります。

↓こちらのF-375-RYは、ちょっと前から改良されて、ショルダーヒモの付け根の間隔が狭くなりました。これでヒモはかなり落ちにくくなってはいるのですが、「自分は小柄で肩幅が狭いの」とおっしゃる方から、やっぱり滑ってしまう事があるというご相談をいただきました。

そこで、おススメの持ち方は↓こちら。

よ~~く見比べていただくと、↑↓はヒモのクロスの仕方が違いますよね。↑上はちょっと開いて、下は重なっております。

やり方は簡単。ショルダーヒモを交差して付けるだけなんです。

この方法は、ショルダーヒモが、長さの調節をする際、完全に外せるリュックでなければできませんのでご注意を。

ちょっと分かりにくいかと思いますので、、明日、ヒモを交差した画像をご紹介いたします。(本日は画像がございませんので)(^^;